お気に入りのブラジャーを長持ちさせるコツ

きれいに整頓しよう

妊婦

妊娠時に着るマタニティウェアですが、出産を終えると出番がなくなってしいます。かといって、また必要になる時もあるかもしれないので大切に保管しておくことが大切です。保管の際には、ホームセンターや雑貨店などに取り扱いのある不織布の布袋の利用が最適です。布袋は軽く持ち運びも楽なので、体への負担も少ないです。

機能性とデザイン性を

靴

おしゃれなデザインも豊富で選ぶのにも迷ってしまうこともしばしばあるのがレディースサンダルです。しかし、最近は機能性を重視したタイプも登場しています。それにより、使い勝手の良さとデザイン性の両方を兼ね備えた素敵なレディースサンダルが人気を集めています。

長持ちさせるために

胸元

正しい洗い方と干し方

ブラジャーはバストを支えるために複雑で立体的な構造をしています。そのため、他の衣類と一緒に洗濯機で洗ってしまうと型くずれにつながってしまいます。ブラジャーを長持ちさせるためには、適切な洗い方と干し方を知っておくことが重要です。ブラジャーの洗い方の基本は手荒いです。ぬるま湯におしゃれ着用の洗剤を溶かしたらブラジャーを漬け、左右にふったり押したりして洗います。このときゴシゴシと洗ったりもみ洗いをしたりする必要はありません。汚れは汗や皮脂が中心で、しっかりこすらないととれないような泥汚れや血液の汚れがつくことはないためです。ふり洗いや押し洗いで十分汚れは落ちます。このとき、パッドははずして別個押し洗いをしておきましょう。洗えたらきれいなぬるま湯に変えてすすぎ、厚めのネットにいれて洗濯機で脱水します。弱流で優しく脱水しましょう。洗濯機にかけると型くずれするかもと思うかもしれませんが、濡れた状態が長く続く方がブラジャーにはよくないので、優しい速度で脱水するのがおすすめです。脱水できたら、アンダーバストの部分をピンチで挟んで干します。ストラップをピンチで挟んで干すのはストラップがのびて体に合わなくなってしまうので避けましょう。カップの真ん中をハンガーにひっかけるようにして干すのもよいでしょう。パッドは乾きにくいので別に干すのがおすすめです。乾いたら二つ折りせずに、そのまま重ねて収納すると形が崩れません。

簡単にイメチェン

レディ

ウィッグは手軽にイメチェンできるため人気ですが、質のよくないものも多いです。自然なウィッグは、ある程度価格が高いことが多く、つむじが自然になっているものです。また、不自然な過度のテカリが少なく、カラー展開が豊富であるという特徴があります。